まったが自由気ままに書いてる日記。
スポンサーサイト 
--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category:スポンサー広告
comment -- | trackback --
記事編集
今日の日はさようなら 
2007.12.28 Fri 23:41
まーたーあーうー日までー♪

まずはコメ返

少年s>>いえいえ。難しい方が自分の力になる・・・・・はず(ぇ

まちゃけ>>そうか?



はい。
軽く鬱入ってます。

え?いつも?


知ってっから(マテマテマテ

なんつうか自己嫌悪っていうか
ストレッサー(?)っていうか

うはwwwww俺バカスwwwwっていうか(何

とりあえず小説再び投下。




部室をでて、とりあえず小さな店で駄菓子を貪る。
この学校の生徒の最もポピュラーな帰り道だ。

「ほんで?どうしたんだ?話ってのは。」

そう聞きながら3個目のヨーグルに手をのばす。
男2人で並んで座ってヨーグルもないと思うが、なんせ金がない。

「いや、そんなにものすごく深刻な話でもないんすけど。」

大崎はヨーグルを食べ切り、今度はガブリチュウをニチャニチャと噛みながら、さっきよりも少し軽い様子で話し始める。

「うちの学年の上木が最近様子おかしいんすよ。あの、サードの2年生の。」

名字を聞いてもピンとこなかったのだが、守備位置を聞いてやっと分かった。
あぁ、と相槌をうって話を促す。

「なんかノックの時も上の空っていうか、いつもの動きのキレがないっていうか」

そうだったか?と口に出しそうになって、止める。
自分が部員を把握しきれてなかったんだな、と少し落ち込んだ。

「そうかぁ・・・。まぁでも本人から聞かないことには何も分からんからなぁ。」

駄菓子を全て片付け、立ち上がって伸びをしながら店を出る。

「そうっすよね・・・。」

少し影のある受け答えだったが、俺はこの時気には留めなかった。

「さ!それより明後日から秋季大会頑張っぞ!」

「うっす!」



この日はそれで別れた・・・。
しかし俺はもっと詳しく聞けば良かった、と後で後悔することになったのだが・・・。




まだ続く。


補足

ヨーグル→ヨーグルト味の駄菓子。小さい木べらで食べるヤツ。

ガブりチュウ→チューイングキャンディー
スポンサーサイト
category:日記
comment(1) | trackback(0)
記事編集
コメント
 
大丈夫かぁ??(・ω・)

URL | 少年 #-
2007/12/29 22:20 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://matta103.blog73.fc2.com/tb.php/150-ad6d591e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。